クレーム0更新:ゴミの片付け業者:混載ゴミ・粗大ゴミ・資源ごみまとめてお任せ

 

 
 
 
 


ゴミ片付け相談ダイヤル
土日祝日受付
年中無休:03-5468-7021
営業店/埼玉・東京・千葉・神奈川・群馬

夜間専用:050-3134-4757
午後7時から深夜0時まで
お電話でご予算がわかります。追跡営業のお電話は、いたしておりません。お気軽にお問い合わせください。
オンライン相談・お見積り

一度の状況入力で見積り一発ご回答
お電話時間外は、こちらのオンライン見積り。翌朝、原則10時までには、ご回答いたします。

★★★★★
専門店の安心5つ星

生活支援課・福祉課/社会福祉協議会:協力店 
荷物処分お見積り歓迎
主な参加地域:所沢市・東村山市・川越市・さいたま市・板橋区・春日部市・松戸市・川口市・川崎市・富士見市・ふじみ野市・東大和市・その他
台所・お庭のゴミ片付けキャンペーン
◆実家のゴキブリ対策に
入院中で誰も片付けができないお台所、ゴキブリ対策で台所周りの食品、生ゴミ、調味料。冷蔵庫の食品などを一掃し、すっきりしませんか。お掃除・除菌も行います。
◆防犯対策や近隣対策に
枝葉が伸びて、お隣の敷地にはみ出したり、道路にかかったり、枝切りして、すっきりしませんか。泥棒除けにもなるようです。
特典:出張費1名無料
【オプション】台所のシンクシタ・収納ケース中、棚板・建具・冷蔵庫の室内の除菌清掃・床・ドアなど、ゴミの片付けあと、お客さまのご希望でお掃除を行います。除菌洗浄仕上げもお任せください。
ゴミの片付けは、お任せ
◆生ゴミ・食品ゴミ・中身入りのビンカン・灯油・カセットボンベ・ブロック・スプレー缶などの処理困難なゴミも片付けいたします。
◆事務所・倉庫などの移転・整理のときに生じる事業所ゴミの片付けもお任せください。◆家庭ゴミならまるごとゴミ片付けからお台所・リビング・寝室・物置などのゴミの片付けもお任せください
◆コンテナの片付けもお客様と一緒に整理してゴミ片付けいたします
Dcyの得意な工事とゴミ片付け・処分
◆物置の解体工事とゴミ処分◆カーポートの解体とゴミ処分◆テラスの解体とゴミ処分◆倉庫・事務所の間仕切り・造作の解体とゴミ処分◆その他工事とゴミ処分格安にてお受けしています。

クレーム0更新キャンペーン

DCYでは、6年間クレーム0を更新しております。今年1年間もクレーム0を更新できるように全社員に徹底してまいります。
巷では、約束した時間に来てくれない。
予約していたのに電話が通じなくなった。
料金が電話・広告と大きな違いがある
電話口で乱暴な口調で不愉快。
料金の説明もなく荷物・ゴミを積み込んで請求された。
作業が乱暴だった。
予定のトラックで足りないからといって追加料金を請求された
こんな話を聞くこともあります。当店では、常にお客さまの要望をしっかり理解して、きちんとした作業と明確な料金のご案内をスタッフ全員に徹底してまいります。
当店では、常にスタッフ全員が常に緊張を維持するためにクレーム窓口設けています。
 クレーム受付窓口(社長室)は、
こちらから

お客さまの声・評価募集中

当店では、クレーム0を更新しておりますが、よりお客さまの満足の評価をいただけますように、お客様からの評価サイトを独自に掲載し、お客さまの高評価を維持する努力を行っております。お声をいただいた内容は、社員教育にお役立てさせていただいております。
また、お客様からの好評のコメントは、スタッフのやる気向上のために作業担当者にフィードバックしております。ぜひ、当店のサービスをご利用いただいたお客さまのご協力をお願いいたします。
口コミ掲示板⇒入室 はこちらから
ご利用検討のお客さまは、スタッフの仕事ぶりの確認もできます

 

ゴミ片付け埼玉地区利用例

■赤ちゃん用品のゴミ片付け
赤ちゃん用品専門のリサイクルショップの店長さんから依頼がありました。倉庫に在庫が大量にたまり、置き場所にも困っているので捨ててほしいと言います。スタッフが行くと、小さな保管倉庫にベビーベッド、抱っこひも、ママ用のバッグ、母乳瓶やマグなど、さまざまな物が積み重なっていました。店長さん自ら仕分けをし、その後不用品を引取りました。

■修繕工事とベランダのゴミ片付け
マンションにお住まいの高齢女性からお電話がありました。3ヶ月後、マンションの修繕工事を控えており、それまでにベランダに置いてある不用物を片付けてほしいと言います。後日、スタッフがマンションへ行くと、ベランダには植木鉢や家電製品が放置され、倉庫のような状態です。スタッフがそれらの不用物を運び出しました。

■オフィス用品のゴミ片付け
今回は個人事務所のゴミ片付けです。お電話は従業員の男性からです。オフィス用品を新しく買い替えるので、古い物を捨てて欲しいと言います。スタッフが向かうと、その事務所は住宅街の中にありました。パソコン、シュレッダー、業務用コピー機、デスク、イスを引取りました。

■キッチンのゴミ片付け
日本人のご主人、外国人の奥様というご夫婦からのご依頼でした。ご主人はお仕事で忙しく、奥様はゴミを捨てるルールがわからずに過ごしてしまい、家庭ゴミが溜まってしまったと言います。後日、スタッフが向かうとそこは2LDKのお部屋で、キッチンまわりとベランダにゴミ袋が散乱していました。ゴミ袋30個を引取り、掃除をおこないました。

■駐車スペースのゴミ片付け
一戸建てにお住まいの男性から、車の買い替えを機に駐車スペースを片付けたいという依頼がありました。スタッフが行くと、駐車スペースの上には立派なカーポートがあり、その下には車1台ありました。車の奥を見ると、冬タイヤやホール、オイル、壊れた自転車や傘、植木鉢が重なって置いてあります。スタッフがそれらを軽トラックに運び出し、最後に掃除をして仕上げました。

■トランクボックスのゴミ片付け
ワンルームのマンションにお住まいの30代の男性からお電話がありました。マンションの近くにあるトランクボックスに不用物をまとめて入れているので、それをすべて回収してほしいと言います。スタッフは、まずマンションに向かい、男性からトランクルームの鍵を預かりました。その後、立ち会いなしで不用物の片付けをおこないました。

■廃業に伴うゴミ片付け
今回は、印刷業者さんの工場の片付けでした。デジタル化が進み紙を扱うことが減り、印刷業を廃業することになったと男性からお電話を頂きました。スタッフが小さな工場に到着すると、男性がひとりで掃除をしていました。スタッフ2名で重い印刷機を運び出し、その後にデスクやイスなどの事務用品を引取りました。

■テラスのゴミ片付け
マンションの1階にお住まいで、お庭にテラスがあるというお客様からの依頼です。お客様は、テラスをリフォームする予定で、その前に片付けたいと言います。さっそくスタッフが対応すると、テラスにはカビが付いてしまった木製のテーブルやイスがあり、細々とした園芸用品が散乱していました。スタッフは、それらを回収し、掃除をおこないました。

■書道教室のゴミ片付け
今回の依頼主は、書道教室の先生でした。教室の老朽化に伴いリフォームをおこなうために、不用品の回収をお願いしたいと言います。後日、スタッフが行くとマンションの1階部分にその教室がありました。書道教室の先生らしく、不用物の中には着物や扇子など多数ありました。そのほか、長机やパイプイスを引取り、汚れた床を掃除してきれいに仕上げました。

■駐車場作りとゴミ片付け
衣料品を扱うお店からのご依頼がありました。3つある物置を撤去して、駐車スペースを広げたいと言います。お店が開店する前の朝8時から10時までの間で作業をして欲しいというご要望もあり、スタッフ2名で対応することになりました。スタッフが物置を丸ごと回収し、その中身も捨てることになりました。

■介護後のゴミ片付け
依頼主は娘さんです。介護中の母が施設に入居することになり、古くなった介護用品をまとめて捨てて欲しいとご連絡がありました。スタッフが木造の一軒家に到着すると、お母様は施設に入居しており、娘さんひとりで片付けをしていました。スタッフは、汚れたマットレス、介護用簡易便器、小さなテーブルなどを回収した後、掃除をして部屋を片付けました。

■家庭菜園のゴミ片付け
家庭菜園が趣味という女性からの依頼でした。共同利用できる畑を借りることになったので、自宅の畑を整理整頓したいと言います。後日、スタッフいくと立派な一軒家の一角に小さな畑がありました。畑のまわりには、水まき用のホース、植木鉢、支柱などが大量にありました。壊れた物を引き取り、必要な物はまとめ片付けをおこないました。

■麻雀台のゴミ片付け
麻雀が趣味という男性からの依頼です。全自動の麻雀台に買い替えるために、壊れた麻雀台を数台引取ってほしいという内容です。スタッフがご自宅にいくと、麻雀用のお部屋があり、部屋の隅に壊れた麻雀台が置いてありました。スタッフは、それらを回収するとともに、色あせたソファやテーブルも一緒に引取りました。

■駐輪場のゴミ片付け
アパートの大家さんの依頼です。アパートを取り壊す予定で、すでに住人はいないが、駐輪場に住人が残した自転車やゴミがあるので、すべて捨てて欲しいと言います。スタッフがアパートに向かうと、入り口に駐輪場がありました。壊れた自転車が数台とゴミ袋が放置されていました。スタッフがそれらを引取り、掃除をして仕上げました。

■自宅の離れのゴミ片付け
今回は、自宅の離れの片付け依頼でした。依頼主のご主人は離れを仕事部屋にしていましたが、退職を機に片付けをおこない、今後は趣味を楽しみたいと言います。スタッフが到着すると、立派な一軒家の奥に、その離れがありました。離れのお部屋には、仕事関係の書籍、書類がすでにまとめてありました。スタッフがそれを運び出し、イスやデスクも一緒に引き取りました。
 

■引越し前、ガスコンロのゴミ片付け 新居がIH調理器なのでガスコンロがいらなくなり回収してほしい、その他にも段ボール箱5個分の荷物を回収してほしいと男性の方から依頼がありました。スケジュールを調整し引越し日の前日に、スタッフが行くことになりました。スタッフが木造アパートに到着すると、男性が片付けをしている最中でした。スタッフがガスコンロや不用物を回収し、作業は1時間程度で終了しました。 ■荒れた庭のゴミ片付け 一軒家にお住まいのご高齢の男性からの依頼でした。病気で倒れてから、庭の手入れができずに困っていると言います。当日は、スタッフ2名で対応することになりました。伸びた枝や草を取り除いた後、壊れた植木鉢や庭に放置されたゴミをトラックに運び出しました。男性から「安い料金で庭をきれいにできた」と喜びの声をいただきました。 ■女性が多い職場のゴミ片付け 今回は、女性社員の多い会社からの依頼でした。女性ばかりで力仕事ができないので片付けをお願いしたいと言います。数日後、スタッフがビルの3階にいくと、社員自ら模様替えをしているところでした。スタッフは、パーテンションを解体したり家具を移動したり、3時間程度作業をしました。最後に荷物を回収して終わりました。 ■玄関まわりのゴミ片付け ホームヘルパーさんからお電話がありました。担当の方が車椅子の生活になり、車椅子が通りやすいように玄関まわりを片付けたいと言います。スタッフが一軒家に到着すると、引き戸の玄関がありました。玄関まわりが広く、荷物の置き場となっていました。置物、新聞紙、買い物カゴ、園芸用品、石油などがありましたが、すべてを回収し車椅子が入れるスペースを作りました。 ■物置のゴミ片付け ソファーやテーブルなど粗大ゴミがあるが市の手続きや運び出しが面倒なので、そちらでまとめて回収してほしいと主婦の方から依頼がありました。荷物がそれほど大きくないため、スタッフが1名で対応することになりました。そこはマンションの5階でした。不用物でエレベーターを傷付けないように慎重に運び出しました。結局軽トラックいっぱいの不用物を回収することになりました。 ■住居と事務所のゴミ片付け お店を閉店するという社長さんからお電話をいただきました。社長さんは、2階を住居、1階を事務所として使用しています。今回は1階の事務所を片付けて1階も住居スペースにするということでした。数日後、スタッフ2名で行くことになりました。1階にあるデスクや椅子、事務用品を回収し、2階にある家具を移動させました。 ■水槽のゴミ片付け 熱帯魚や爬虫類を飼うのが趣味という男性から依頼がありました。古くなった水槽やガラスケースを捨てて欲しいと言います。後日スタッフが行くと、そこは2DKのマンションでした。1部屋がペットショップのようになり、水槽にはカラフルな熱帯魚が泳いでいました。部屋の隅には不要になった水槽やガラスケースがありました。ガラスが割れないように、スタッフがゆっくりと運び出し、回収しました。 ■通販物流会社のゴミ片付け 今回はECサイトなど通販物流を手がけている会社からの相談でした。倉庫にある不用物を回収してほしいと言います。トレンドに合わせて商品を入れ替えるため、商品の替えるサイクルが早く、自分たちでは対応仕切れなくなったという事情でした。スタッフが倉庫に到着すると、大量の古着がありました。すべての古着をゴミ袋に詰めて、回収することになりました。 ■物置の回収と庭のゴミ片付け 一軒家を売却するという男性がご依頼主でした。一軒家にある物置を回収した後に、庭の手入れも頼みたいと言います。すでに、ご依頼主は、マンションへ引越しをしているため、立ち会いなしで作業をすることになりました。スタッフ2名、2トントラックを1台用意して作業を行いました。 ■説得が必要な台所のゴミ片付け 2LDKのマンションにお住まいのご主人からの依頼でした。妻が認知症になり台所に食品や食器を買っては溜め込んでいると言います。後日、スタッフが行くと、奥様がなかなか片付けてくれない様子でした。スタッフが、奥様のお気持ちに寄り添いながら根気強く説得すると、片付けができるようになりました。段ボール箱5つ分の不用物を回収し掃除をしました。 ■キャンプ用品のゴミ片付け アウトドア好きのご夫婦から古いキャンプ用品と折りたたみ自転車を回収してほしいという依頼がありました。スタッフが一軒家に到着すると、庭にテントが張られていました。ご夫婦がバーベキューセットや椅子やテーブルなどさまざまなキャンプ用品を仕分けていました。スタッフも手伝い、トラック1台分の不用物を引取りました。 ■休憩室のゴミ片付け ある会社の総務課からの依頼でした。完全禁煙にするのに伴い、休憩室にあるソファーや灰皿、空気清浄機などを回収してほしいというご要望です。スタッフがビルの2階にある部屋に行くと、タバコのニオイが漂う休憩室がありました。そこにある家具もタバコのニオイが染みついています。スタッフ2名ですべての家具を回収し、最後に掃除をして仕上げました。
 

■家具のゴミ片付け 木造住宅にお住まいのご夫婦からの依頼でした。足腰が弱くなり1階で生活することが多くなり、2階の家具を捨てたり移動させたりしたいというご要望です。1週間後、スタッフがお伺いしました。まず、古いタンスや本棚を回収しました。その後、寝具や照明器具を1階に移動させました。ご夫婦から「住みやすい部屋になった」と喜びの声を頂きました。 ■陳列棚のゴミ片付け ドラックストアの店長さんからご相談がありました。店内の模様替えをすることになり、古くなった陳列棚を捨てたいと言います。数日後、スタッフがお店に行くとすでに商品は無い状態でした。壁に沿うように、空になったスチール製の陳列棚が並んでいました。スタッフが、陳列棚を解体しながらトラックに乗せ、無事に回収しました。 ■庭のゴミ片付け 庭を片付けて、駐車スペースを作りたいと70代の男性からお電話がありました。スタッフがお客様の家に到着すると、広々とした庭がありました。しかし、植木や物干し竿などさまざまな不用物が置いてあり、転倒など安全面も気になる状況でした。スタッフが不用物を回収し、安全を確保しつつ、駐車スペースを作りました。 ■コンテナ倉庫のゴミ片付け ある工場の従業員の方からお電話がありました。外にあるコンテナ倉庫の中身を捨てたいというご相談です。スタッフが工場に行くと、コンテナ倉庫が数個ありました。その中身は、部品や道具、塗料、段ボール箱といった不用物です。スタッフがすべての荷物を運び出し、コンテナの中を空にしました。 ■応接室のゴミ片付け 今回は、ある会社の総務課からの依頼でした。オフィスの縮小に伴い、応接室をなくすというお話です。会社が休みの日曜にしか片付ける時間がないというご要望もあり、スタッフは次の日曜日に伺うことになりました。スタッフは地下にある駐車場にトラックを止めた後、応接室にあるソファやテーブル、照明器具や観葉植物などを運び出しました。 ■台所のゴミ片付け 遠方にお住まいの娘様から依頼がありました。お母様が亡くなり、お父様ひとりでお住まいの実家を片付けたいと言います。台所がとくに汚れているので、台所を中心に片付けたいという要望です。当日、娘さんもお立ち合いいただき、片付けをすることになりました。賞味期限切れの食品を捨て、不用な食器を減らし、整理整頓しました。 ■ベランダにある不用物のゴミ片付け ひとり暮らしの30代の男性からお電話がありました。ベランダに不用物をためてしまったが、引越しをしなければならず、困っていると言います。急いでスタッフが行くと、そこはワンルームのマンションでした。小さなベランダには、バケツやカゴ、靴、壊れた家電など無造作に置いてありました。スタッフが不用物を回収し、掃除をして仕上げました。 ■ショーケースのゴミ片付け ある事務所からの依頼です。ガラス製のショーケースを3個、回収してほしいという内容でした。スタッフが行くと、そこは繁華街にあるビルの3階でした。エレベーターがないため、ショーケースを降ろすだけでも、かなりの時間がかかりました。 ■庭石のゴミ片付け ご高齢の女性からお電話がありました。自宅の庭に小さな池があるが、手入れが行き届かず片付けたいというご相談です。スタッフがお伺いすると、すでに池の水が抜かれていました。しかし、大きな庭石がいくつかあり、転倒などが心配な状況です。スタッフは、池や庭を丁寧に掃除し、その後置物や大きな庭石を回収して、お客様の安全を優先させました。 ■営業資料のゴミ片付け 今回は、ビルの3階にあるオフィスのゴミ片付けでした。個人情報を含む営業資料や重要書類を捨てる作業でした。書類はまわりに見られないように、いったん段ボール箱に詰めることになりました。最終的に、段ボール箱20箱分の量になりました。 ■老朽化した物置のゴミ片付け ご高齢の男性からお電話がありました。老朽化した物置が台風の影響で壊れたしまった、物置ごと回収してほしいという依頼です。スタッフが行くと、駐車場スペースの奥に、小さめの物置がありました。物置はドアが壊れ、斜めに傾き危険な状況です。スタッフが慎重に物置を運び出し、トラックに乗せて回収しました。 ■ベランダのゴミ片付け 一軒家にお住まいのご主人からお電話がありました。スチール製のベランダが老朽化し、リフォームする予定なので、その前にベランダの掃除をしたいと言います。後日、スタッフが行くことになりました。ベランダには、2メートルくらいある物干し竿や30キログラム以上あるコンクリートブロックがあり、植木もいくつか置いてありました。かなり重さのある荷物だったため、スタッフは安全面に配慮しながら慎重に運び出しました。 ■看板のゴミ片付け ある企業様からの依頼です。敷地内にある看板を新しい看板に交換する予定なので、看板をすべて取り外して、回収してほしいと言います。後日、スタッフが伺うと、看板は落下しそうなくらい古くなり危険な状態でした。慎重に看板を取り外し、トラックに乗せて回収しました。 ■裏庭のゴミ片付け 今回は裏庭にある不用物の片付けでした。親戚の家を引き継ぎ、住むことになったという男性が依頼主です。不用物があることを知らずに、家を引き継いでしまったため、処分に困っていたと言います。スタッフが行くと、新しく広めの一軒家でした。しかし、奥の裏庭には、まるで不法投棄されたかのように、壊れた自転車や家電が置いてありました。スタッフがすべての不用物を回収すると、きれいな庭になりました。 ■花壇のゴミ片付け ガーデニングが趣味という女性からお電話をいただきました。花壇の雰囲気を替えたいので、そのとき出る不用物を回収してほしいと言います。数日後、スタッフが行くと、女性は庭の草むしりをしていました。女性の希望を聞きながら、花壇を囲っているレンガや植木鉢を回収し、掃除を行いました。作業は2時間程度で終わりました。 ■カーボードのゴミ片付け 今回は、カーボードの片付けでした。度重なる台風や大雪の影響で、カーボードがボロボロになってしまった、このままでは危ないので解体して回収してほしいという内容です。スタッフが行くと、カーボードに穴が空き、隙間には泥やゴミが挟まっていました。スタッフが、カーボードを取り外し回収しました。お客様も安心された様子でした。 ■託児所のゴミ片付け 託児所のスタッフさんからご相談がありました。託児所を移転する予定で、その前に古い遊具やお布団を捨てて欲しいと言います。子供がいない夜に作業をしてほしいという要望もあり、20時から作業をすることになりました。スタッフが行くと、ビルの2階に託児所がありました。すでに荷物がまとめらえていたため、スピーディーに作業が終わりました。 ■リニューアルに伴う整骨院のゴミ片付け 整骨院の院長先生からのご依頼でした。整骨院をリニューアルすることになり、古いパーテンションやソファ、事務用品を捨てて欲しいと言います。街中にある整骨院に到着すると、院長先生が院内を掃除していました。スタッフがパーテンションを解体しトラックに運び出しました。その他の不用物も回収しました。

■パンフレットマニアのゴミ片付け キャビネットに保管しているパンフレットの整理をしたいと男性から連絡がありました。男性は、パンフレットのコレクターで、映画や車などさまざまなジャンルのパンフレットやチラシがありました。リビングで仕分け作業をおこない、その後捨てるパンフレットを決めました。結局、段ボール箱10箱分のパンフレットを回収しました。 ■厨房道具のゴミ片付け お惣菜屋さんのご主人からお電話がありました。お店を閉店することになったので、厨房にある道具を片付けてほしいと言います。数日後、スタッフが行くことになりました。お店は、商店街の真ん中にありました。店内は、油でギトギトとしていました。食器洗機、お皿、コップなどを引き取り、その後、部屋を掃除して仕上げました。 ■アパレル系倉庫のゴミ片付け アパレル系の社長さんからのご依頼でした。衣類や雑貨を保管している倉庫があるが、不況の影響から仕事を縮小することになったので片付けをしたいという内容です。後日、スタッフが行くと広々した倉庫が2棟あり、そのうちの1棟を片付けることになりました。段ボール箱やハンガー、シュレッター、パーテーションなどを回収することになりました。 ■食器棚のゴミ片付け 今回は、古い食器棚と食器の回収でした。ご依頼主は、おととしに奥様を亡くされたというひとり暮らしの男性です。食器棚の中は、食器を詰め込みすぎて取り出せず、奥に追いやられた食器は使われなくなっていました。お箸やお茶碗なども大量にあります。まずは、食器棚から食器を取り出し、ご主人が使いやすい食器だけを残すことにしました。最後に、食器棚を回収しました。 ■植物のゴミ片付け 今回は、マンションのベランダの片付けでした。お客様は、ひとり暮らしの高齢女性です。暑い夏に備えて緑のカーテンを作ろうと、つるが伸びるタイプの植物をいくつか植えていたところ、伸びすぎて虫がわき、両隣に迷惑をかけていると言います。スタッフが行き、つるや葉を取り除き、プランターを回収しました。真夏で大変な作業でしたが、数時間で終わりました。 ■インターネット販売に備えるためのゴミ片付け 北欧雑貨を取り扱う店主さんからご連絡がありました。通常の店頭販売からインターネット販売に切り替え、商品をお店から倉庫に移す予定なので、そのときに出る不用物を回収できないかと言います。スタッフがお店に行くと、すでに店内は片付いていました。不用物である段ボール箱やお店の飾りなどを回収して、作業が終了しました。 ■退院前のゴミ片付け 肺炎になった弟が入院しているが、退院する前に弟の部屋を片付けたいとお兄様からお電話がありました。1ヶ月風邪が治らず、部屋で寝込んでいたため部屋が汚れていると言います。後日、スタッフがアパートに行くと、飲みかけのペットボトルやお弁当がいくつも床に放置され、ゴキブリが走っていました。家庭ゴミを中心に片付けを行い、仕上げに掃除をして清潔な部屋を取り戻しました。 ■専門学校のゴミ片付け ある専門学校からの依頼でした。学校でイベントを開くときに出るゴミを回収してほしいと言います。近所迷惑にならないように、イベントが終了する16時にはゴミを引き取りに来てほしいというご希望があり、時間指定でスタッフが向かうことになりました。その後、仕分け済みのゴミを回収し、短時間で作業を終わらせました。 ■喫茶店のゴミ片付け 喫茶店の店員さんからお問い合わせがありました。1ヶ月後にお店を閉店する予定ですが、コップやお皿、テーブルや椅子などを引き取ってもらえますかという内容です。スタッフが、すべての荷物を回収できると説明し、おおよその見積りを伝えると店員さんも安心された様子で、後日、荷物を引き取りに行くことになりました。 ■移転に伴う接骨院のゴミ片付け 接骨院の院長先生からお電話を頂きました。接骨院の移転に伴い、古い診療台、待合室にある大きなソファー、キャビネットを回収してほしいと言います。スタッフは、移転の日に合わせてスケジュールを調整し、後日伺うことになりました。接骨院に入ると、不用物だけが残っていました。スタッフがその不用物を回収し、作業は数時間で終了しました。 ■キャラクターグッズのゴミ片付け 昔、集めていたキャラクターグッズを捨てたいと女性からお電話がありました。価値のある物なのかどうか判断もできず、結局、段ボール箱に詰めて置いておいたと言います。数日後、スタッフが行くとそこは2DKのお部屋でした。部屋の奥に置かれた段ボール箱を開けると、古びたキャラクターグッズが大量に出てきました。スタッフがすべてのグッズを捨てることになりました。 ■ゲームセンターのゴミ片付け ゲームセンターを経営していたという店長さんからのご依頼です。壊れたクレーンゲームや両替機などが売れず、お店に残っていると言います。スタッフが薄暗い小さなゲームセンターの中へ入ると、ゲーム機が数台残っていました。重さがあるため、スタッフ2人で慎重に運び出すことになりました。 ■カラオケ機器のゴミ片付け すでに閉店したというスナックの従業員からお電話がありました。残されたカラオケ機器やマイクなどを回収してほしいと言います。後日、スタッフがお店に行くことになりました。到着すると、そこはこぢんまりとした古いお店でした。スタッフが重いカラオケ機器をトラックに乗せて、無事に回収しました。 ■ウッドデッキのゴミ片付け 高齢の男性からお電話がありました。老朽化し床が抜けたウッドデッキを自分で解体したが、今度は捨てるのが大変で手伝って欲しいというご依頼です。スタッフが着くと、そこは大きな一軒家でした。庭には、大量の木のくずがありました。そのまま放置してあるので、非常に危険です。すぐに、スタッフが運び出し回収しました。 ■店舗拡大に伴うエステサロンのゴミ片付け エステサロンを経営してる女性からお電話がありました。経営が安定してきたため、広い店舗に移転するので今の店舗の荷物を片付けたいと言います。エステサロンは、閑静な住宅街にあるマンションの1階にありました。マンションの地下にある駐車場にトラックをとめ、ソファーやテーブル、鏡台などを引き取ることになりました。

 

■スキーグッズのゴミ片付け 40代の男性からスキーグッズの片付け依頼が入りました。男性は、大学生の頃、サークルでスキーを楽しんでいたが、結婚を機に荷物を整理したいと言います。スタッフがワンルームのマンションに到着すると、有名ブランドのスキー板やスキーブーツ、スノーボード、おしゃれなジャケットなどがたくさんありました。思い出の品だけを残し、あとはスタッフが回収することになりました。 ■子供部屋を作るためのゴミ片付け 今回は、2DKのマンションの片付けです。依頼主の奥様は、洋室にある不用物を捨てて、子供部屋を作りたいと言います。ご主人は仕事が忙しく、重い物をひとりでは運べないという事情です。数日後、スタッフが行くと奥様と幼稚園くらいのお子様が出てきました。洋室には、ベビーベッドや子供服など赤ちゃんグッズが大量にあり、それらを丸ごと回収しました。 ■定期購読雑誌のゴミ片付け インターネットを通して弊社を知ったというお客様でした。以前から定期購読している雑誌が4つほどあり、雑誌が大量にあると言います。足腰が弱り、自分では捨てられない状況になってしまったという事情です。後日スタッフが行き、100冊以上ある雑誌を普通トラックに乗せ、回収しました。 ■アナログテレビのゴミ片付け アナログテレビの電波が停止したことを機に新しいテレビに替えたが、捨てるタイミングを逃し、そのままになってしまったとご高齢の男性から連絡がありました。1週間後、スタッフが行くとそこは一軒家でした。テレビは2階の部屋にまとめて4台ありました。重く大きなテレビを慎重に運び出し、作業が終了しました。 ■賃貸のため急ぎのゴミ片付け ご依頼主は、息子さんです。お母様と一緒に暮すことになり、ひとり暮らししているお母様の部屋を片付けたいと言います。ただ、賃貸アパートで今月中に片付けないと来月の家賃が発生してしまうという事情がありました。そこで、スタッフは次の土曜日に行くことになりました。次々に仕分けをして、回収するものを決めて、スピーディーに作業を終わらせました。 ■身の回りのゴミ片付け 今回は、奥様を亡くした高齢男性からの依頼でした。何をやるにも気が重く、慣れないひとり暮らしで、片付けができなかったと言います。台所には洗い物がたまり、リビングには郵便物が山積みになっていました。扉の前に段ボール箱が置かれ扉が開かない状態です。スタッフは、段ボール箱や不用物を回収し、最後に掃除をおこないました。 ■ビデオテープのゴミ片付け ビデオテープが大量に押入れにあるので、捨ててほしいという依頼がありました。その女性は、映画や海外ドラマが好きでよくビデオテープに録画していたそうですが、最近はDVDを見ることが多くもう必要ないと言います。スタッフが、アパートに到着すると押入れいっぱいにビデオテープがありました。少し動かすと、雪崩のようにビデオテープが落ちてきます。スタッフがすべてを回収しました。 ■兄の家のゴミ片付け 自分は仕事で行けないので、引きこもりがちの兄の部屋を片付けてほしいと妹さんから依頼がありました。スタッフは、あらかじめ妹さんと連絡を取り事情を聞いた上で、お兄様が暮すワンルームのマンションに行きました。飲みかけのペットボトルやお弁当、家庭ゴミや書類が散乱しており、日常生活も困難な様子です。スタッフがゴミをゴミ袋に詰め、掃除をして仕上げました。 ■重すぎる金庫のゴミ片付け 80代の女性からお電話がありました。昔ながらの大きな金庫があるが、足腰が弱り運べず捨てることができないとお困りの様子でした。スタッフが一軒家に到着すると、奥の和室に、立派な金庫がありました。すでに中身はなく、すぐに回収することになりました。しかし、重くスタッフ2名で慎重に運び出しました。 ■汚れた水回りのゴミ片付け 今回は30代の女性からの依頼でした。お風呂場のゴミの回収と掃除をしてほしいと言います。スタッフが ワンルームのマンションに到着すると玄関や廊下は片付けて一見キレイに見えました。しかし、お風呂場に入ると、家庭ゴミが散乱し、浴槽の水が濁り悪臭が漂っていました。しかも、排水溝が詰まっています。スタッフがゴミをまとめて片付け、徹底的に掃除を行いました。 ■アパートのゴミ片付け アパートの大家さんから、ゴミの片付けと掃除の依頼がありました。住人から苦情が出ている部屋に行くと、部屋自体がゴミの置き場になっていた。その部屋の住人は別の家に暮していたという話です。スタッフが行くと、家庭ゴミが溜まり異臭が漂っていました。その日はゴミを片付け、翌日は掃除をして仕上げました。 ■健康器具のゴミ片付け シングルの女性からのお電話でした。健康器具を捨てたいというご要望です。スタッフが行くと、ぶら下がり健康器、高機能な体重計、大きいマッサージチェアなどホコリをかぶった状態で置かれていました。その他にも、新品同様のエアロバイクがあります。女性は、一時期、ダイエットに夢中になっていたと言います。スタッフが、荷物を運び出すと部屋が広々としました。

■厄介な荷物のゴミ片付け
「捨てて良いのか迷っているうち、何十年も放置している粗大ゴミがある」と主婦の方からお電話がありました。木造の一軒家にスタッフが着くと、階段の下にある収納スペースに、古いひな人形、クリスマスツリー、神棚、大正琴など押し込まれていました。スタッフが、それらを運び出し回収しました。

■掃除を簡単にするためのゴミ片付け
今回は、一戸建ての片付けでした。ご依頼主は高齢のご夫婦です。「体力の衰え、床の物を動かすことが億劫で掃除も大変だ、片付けを手伝ってほしい」と言います。後日スタッフが行き、寝室にある直置きされた日本人形や絵画、客間にある古い布団や壊れた家電を回収しました。タンスを3つほど残し、あとはすべて捨てることにしました。床に置かれた不用物がなくなり、掃除しやすい部屋になりました。

■着物のゴミ片付け
「祖母が大切にした着物だからとずっと保管していたが、そろそろ捨てようと思う」と女性から相談がありました。スタッフが行くと、古い着物が100着以上ありました。女性は、「思い出の着物をバッグにリメイクして、残りは捨てることにした」とスッキリした様子で言います。スタッフも安心して、片付け作業に入りました。

■移転に伴う荷物のゴミ片付け
今回は40代の男性からの依頼です。「事務所を移転するので、古いデスクやロッカーなどを回収してほしい」というご相談がありました。お客様のスケジュールに合わせて、スタッフが後日伺うことになりました。事務所は、マンションの4階にありました。エレベーターがないマンションで、スタッフがひとつひとつの不用物を慎重に運び出しました。

■離婚後のゴミ片付け
熟年離婚が増えている中、今回は「離婚した夫の荷物を捨ててほしい」というご依頼がありました。依頼主は、50代の女性です。数日後、スタッフが向かうとそこは2LDKのマンションでした。ご主人のスーツや衣類、ゴルフ道具、布団などをまとめて回収し、仕上げに掃除をしました。

■介護疲れのゴミ片付け
お母様の介護をしているシングルの女性から連絡がありました。「仕事と介護の両立が難しくなり、ゴミ出しのタイミングも失い、ゴミを溜めてしまった」と言います。数日後、スタッフが行くと他人の目が届かない一番奥の部屋に家庭ゴミが溜まり、嫌なニオイが漂っていました。スタッフは、ゴミを運び出し、その後は掃除しました。気になるニオイもなくなり、介護がしやすい部屋になりました。

■パソコン機器のゴミ片付け
「昔、父親が使ってたパソコンがある、一般ゴミで破棄することもできないので回収してほしい」と娘さんからお電話がありました。スタッフが、2階にある書斎に行くとホコリをかぶったデスクトップパソコンが3台、プリンターが2台、その他パソコン関連のカメラやマイクなどがありました。スタッフは、それらを回収しました。お客様は、「昔のパソコンは重いので運び出すことすらできなかった、今回依頼して良かった」と喜びの声を頂きました。

■学習塾のゴミ片付け
かつて学習塾を経営していたという男性からご相談がありました。「まだ塾に残っている、机や椅子、ロッカー、参考書などを回収してほしい」と言います。数日後、スタッフが行くと、お客様が参考書や本をまとめていました。スタッフは、さっそく机や椅子を運び出し、仕分けされた参考書や本も回収しました。

■賃貸マンションのゴミ片付け
今回は、引越し前の賃貸マンションの片付けでした。お電話は奥様からでした。「ご主人の仕事関係で急に引越しが決まり、不用物を捨てる時間もない」と言います。急いでスタッフが行くと、奥様が段ボール箱に荷物を詰めているところでした。スタッフは、古い家電や家具を運び出し引き取りました。


 

■見苦しいキッチンのゴミ片付け

今回の依頼は、新築マンションにお住まいの新婚夫婦からでした。お互いに仕事が忙しく、片付ける時間がないと言います。とくに、キッチンの荷物が多いということで、スタッフが向かうことになりました。すると、カウンターキッチンに食器が大量に置かれ、食器棚にも普段使わない来客用のスプーンやフォークが大量にありました。スタッフは、キッチンまわりを中心に片付けをしました。

■寝室のゴミ片付け

今回は、寝室の片付けでした。お客様はアパートにお住まいのひとり暮らしの男性です。ちょっとした小物や使わない荷物を寝室に移動しているうちに、寝室が不用物置き場になっていたと言います。スタッフが寝室を片付け、衣類、学習机、パソコン、プリンター、掃除道具などさまざまな荷物を回収しました。

■洋服のゴミ片付け

ご主人がアパレル関係の仕事をしているという奥様からの依頼です。6畳の和室に、ご主人が職場で身に付ける「洋服」「カバン」「靴」があふれていると言います。数日後、スタッフがお部屋に行くと、すでに奥様が洋服をまとめていました。結局、45リットルのゴミ袋30個程度、回収することになりました。

■ストレスだらけのゴミ片付け

ご依頼主は、お母様と同居するお嫁さんです。片付けが苦手なお嫁さんがゴミをためて、キレイ好きなお母様を怒らせたと言います。後日、スタッフが行くとキッチンに同じ食品があるなど無駄が多い家でした。お母様は、ストックされ続ける食品にストレスを感じてる様子です。スタッフが、お二人の間に入りながら、片付けを行いました。

■洗面室のゴミ片付け

ワンルームのマンションにお住まいの女性からのご依頼です。「洗面室と浴室の片付けをお願いしたい」と言います。浴室には、引き出し式の収納ケースがあり、おびただしい量の衣類が詰め込まれていました。さらに、洗剤、シャンプー、リンス、ヘアスプレーが雑然と置いてあります。スタッフは、不用品をゴミ袋に詰め、仕上げに掃除を行いました。

■ベッドまわりのゴミ片付け

女性からのご依頼です。「ベッドのまわりの荷物を捨ててほしい」と言います。スタッフがマンションに到着すると、仕事関係の資料やスーツが乱雑にベッドのまわりに置かれています。そのようなお部屋でお客様自身も、仕事とプライベートの区別があいまいになりイライラしているご様子です。スタッフが荷物を捨てると、リラックスできるお部屋になりました。

■物置化した子ども部屋のゴミ片付け

小さなお子様がいる主婦の方からの依頼です。使わない衣類や玩具をゴミ袋に詰めて置いているうちに、子ども部屋が使えなくなったと言います。3日後、スタッフがアパートに到着すると2DKの間取りで和室が子ども部屋になっている様子でした。スタッフが大量にあるゴミ袋を運び出し、片付けをしました。

■着ない洋服のゴミ片付け

「増え続ける妻の洋服やバックがリビングを侵食している、早く捨てたい」とご主人からお電話がありました。後日、スタッフが不用物を引き取りに行くと、ご夫婦で一緒に片付けをしていました。ご主人のストレスに気付いた奥様が片付けに対して協力的になったと言います。洋服やハンガーラックなど不用物を回収すると、スッキリとした部屋になりました。

■大学生のゴミ片付け

ご依頼主は、ひとり暮らしの男子大学生です。勉強が忙しく、参考書や本、雑誌をためてしまったと言います。スタッフがアパートに向かうと、テレビボードの下やカラーボックスに本や雑誌が押し込まれ、学校で使用するプリント類が地層のように積み重なっていました。また、DVDやゲームソフトが床に置いてあります。スタッフは、読まなくなった本をまとめて捨てました。

■収納スペースのゴミ片付け

今回は、リビングの一角にある収納スペースの片付けです。理想的な収納空間であるのに、スチール棚に食料品のストック、試供品、保冷剤、紙袋、箱や缶などたくさんと収納されています。お客様は主婦の方で、「いつか使うかもしれないと取っておいた」と言います。スタッフは、すべて荷物を捨てることになりました。

■介護するためのゴミ片付け

「車椅子が動けるスペースづくりをしたい」と娘さんからお電話がありました。お母様が車椅子で生活しており、玄関や廊下を片付けて移動するための動線を確保したいというご要望です。スタッフが向かうと、「飾り物」「靴」「傘」「収納棚」「新聞紙」などが多いお宅でした。最初に玄関の不用物から片付け、徐々にスペースを作っていきました。

■植木のゴミ片付け

「3階のベランダにある植木鉢を捨ててほしい」と80代の男性からご連絡がありました。最初は、自分で片付けようとしていたそうですが、3階から下ろすのが大変で依頼することにしたと言います。スタッフがベランダに行くと、植木鉢だけではなく土や石、棚などもありました。すべてを回収すると、明るいベランダになりました。

入間市/危険をり除くためのゴミ片付け
「カーペットのふちに、つまずいて転んだ。カーペットを捨て掃除をしたい」とひとり暮らしの男性からお電話がありました。高齢者の場合、転倒から骨折、寝たきりへと発展するケースもあるため、部屋の片付けは重要です。スタッフがすぐに行き、廊下や壁際に積まれた荷物を運び出し、つまずきそうなカーペットや電気コードを片付けました。

入間市/着物のゴミ片付け
「実家にたまった着物を回収してほしい」という依頼がありました。お客様の話では、着物はお婆様が集めたものだと言います。お婆様が亡くなった後、お客様は古着屋などで買い取ってもらおうとしたそうですが、価値が付かず持ち運びも大変なので、こちらで捨ててほしいというご事情でした。

入間市/ママ友からの頂き物とゴミ片付け 依頼主は子育て中の女性です。「ママ友達たちからの頂き物を捨てたい」というご相談です。数日後、スタッフが行くと、6畳の和室に段ボール箱やゴミ袋が積まれていました。中身は、マタニティー用品や子供服などです。女性は、子どもが好きなキャラクターグッズだけを残し、あとは捨てたいと言います。仕分けが終わると、段ボール箱20個分のゴミの量になりました。

入間市/ふすまとゴミ片付け
「押入れのふすまと不用物を回収してほしい」とお電話がありました。実家暮らしの女性は、自分の部屋の模様替えをしており、ふすまを外してカーテンを付けたいと言います。数日後、スタッフがご実家へ行くと、女性は、不用物をまとめている途中でした。スタッフがふすまを取り外し、衣類などの不用物を回収しました。

入間市/二世帯住宅のゴミ片付け
お客様は、夫の両親と同居中という主婦の方です。同居といっても、玄関、キッチン、お風呂は別々で、両親の家が汚れていると言います。「嫁の自分が片付けると両親のプライドが傷ついてしまうのでは」と心配していると言います。スタッフが片付けにいくと、玄関には新聞紙や雑誌、キッチンには大量の食品など、荷物があふれていました。ゴミを回収し掃除を行いました。

お急ぎ/、引越し前のゴミ片付け
引越しがお決まりの独身男性からの依頼です。「引越し業者では不用物を回収してくれないので、こちらで、どうにか、なりませんか?」と言います。スタッフが「不要な家具や家電も回収できます」と答えると、男性は安心され、翌日依頼がありました。衣類1箱、雑誌1箱、その他家電や家具を回収しました。

入間市/危険をり除くためのゴミ片付け
「カーペットのふちに、つまずいて転んだ。カーペットを捨て掃除をしたい」とひとり暮らしの男性からお電話がありました。高齢者の場合、転倒から骨折、寝たきりへと発展するケースもあるため、部屋の片付けは重要です。スタッフがすぐに行き、廊下や壁際に積まれた荷物を運び出し、つまずきそうなカーペットや電気コードを片付けました。

入間市/着物のゴミ片付け
「実家にたまった着物を回収してほしい」という依頼がありました。お客様の話では、着物はお婆様が集めたものだと言います。お婆様が亡くなった後、お客様は古着屋などで買い取ってもらおうとしたそうですが、価値が付かず持ち運びも大変なので、こちらで捨ててほしいというご事情でした。

入間市/ママ友からの頂き物とゴミ片付け 依頼主は子育て中の女性です。「ママ友達たちからの頂き物を捨てたい」というご相談です。数日後、スタッフが行くと、6畳の和室に段ボール箱やゴミ袋が積まれていました。中身は、マタニティー用品や子供服などです。女性は、子どもが好きなキャラクターグッズだけを残し、あとは捨てたいと言います。仕分けが終わると、段ボール箱20個分のゴミの量になりました。

入間市/ふすまとゴミ片付け
「押入れのふすまと不用物を回収してほしい」とお電話がありました。実家暮らしの女性は、自分の部屋の模様替えをしており、ふすまを外してカーテンを付けたいと言います。数日後、スタッフがご実家へ行くと、女性は、不用物をまとめている途中でした。スタッフがふすまを取り外し、衣類などの不用物を回収しました。

入間市/二世帯住宅のゴミ片付け
お客様は、夫の両親と同居中という主婦の方です。同居といっても、玄関、キッチン、お風呂は別々で、両親の家が汚れていると言います。「嫁の自分が片付けると両親のプライドが傷ついてしまうのでは」と心配していると言います。スタッフが片付けにいくと、玄関には新聞紙や雑誌、キッチンには大量の食品など、荷物があふれていました。ゴミを回収し掃除を行いました。

入間市/危険をり除くためのゴミ片付け
「カーペットのふちに、つまずいて転んだ。カーペットを捨て掃除をしたい」とひとり暮らしの男性からお電話がありました。高齢者の場合、転倒から骨折、寝たきりへと発展するケースもあるため、部屋の片付けは重要です。スタッフがすぐに行き、廊下や壁際に積まれた荷物を運び出し、つまずきそうなカーペットや電気コードを片付けました。

入間市/着物のゴミ片付け
「実家にたまった着物を回収してほしい」という依頼がありました。お客様の話では、着物はお婆様が集めたものだと言います。お婆様が亡くなった後、お客様は古着屋などで買い取ってもらおうとしたそうですが、価値が付かず持ち運びも大変なので、こちらで捨ててほしいというご事情でした。

入間市/ママ友からの頂き物とゴミ片付け 依頼主は子育て中の女性です。「ママ友達たちからの頂き物を捨てたい」というご相談です。数日後、スタッフが行くと、6畳の和室に段ボール箱やゴミ袋が積まれていました。中身は、マタニティー用品や子供服などです。女性は、子どもが好きなキャラクターグッズだけを残し、あとは捨てたいと言います。仕分けが終わると、段ボール箱20個分のゴミの量になりました。

入間市/ふすまとゴミ片付け
「押入れのふすまと不用物を回収してほしい」とお電話がありました。実家暮らしの女性は、自分の部屋の模様替えをしており、ふすまを外してカーテンを付けたいと言います。数日後、スタッフがご実家へ行くと、女性は、不用物をまとめている途中でした。スタッフがふすまを取り外し、衣類などの不用物を回収しました。

入間市/二世帯住宅のゴミ片付け
お客様は、夫の両親と同居中という主婦の方です。同居といっても、玄関、キッチン、お風呂は別々で、両親の家が汚れていると言います。「嫁の自分が片付けると両親のプライドが傷ついてしまうのでは」と心配していると言います。スタッフが片付けにいくと、玄関には新聞紙や雑誌、キッチンには大量の食品など、荷物があふれていました。ゴミを回収し掃除を行いました。

入間市/危険をり除くためのゴミ片付け
「カーペットのふちに、つまずいて転んだ。カーペットを捨て掃除をしたい」とひとり暮らしの男性からお電話がありました。高齢者の場合、転倒から骨折、寝たきりへと発展するケースもあるため、部屋の片付けは重要です。スタッフがすぐに行き、廊下や壁際に積まれた荷物を運び出し、つまずきそうなカーペットや電気コードを片付けました。

入間市/着物のゴミ片付け
「実家にたまった着物を回収してほしい」という依頼がありました。お客様の話では、着物はお婆様が集めたものだと言います。お婆様が亡くなった後、お客様は古着屋などで買い取ってもらおうとしたそうですが、価値が付かず持ち運びも大変なので、こちらで捨ててほしいというご事情でした。

入間市/ママ友からの頂き物とゴミ片付け 依頼主は子育て中の女性です。「ママ友達たちからの頂き物を捨てたい」というご相談です。数日後、スタッフが行くと、6畳の和室に段ボール箱やゴミ袋が積まれていました。中身は、マタニティー用品や子供服などです。女性は、子どもが好きなキャラクターグッズだけを残し、あとは捨てたいと言います。仕分けが終わると、段ボール箱20個分のゴミの量になりました。

入間市/ふすまとゴミ片付け
「押入れのふすまと不用物を回収してほしい」とお電話がありました。実家暮らしの女性は、自分の部屋の模様替えをしており、ふすまを外してカーテンを付けたいと言います。数日後、スタッフがご実家へ行くと、女性は、不用物をまとめている途中でした。スタッフがふすまを取り外し、衣類などの不用物を回収しました。

入間市/二世帯住宅のゴミ片付け
お客様は、夫の両親と同居中という主婦の方です。同居といっても、玄関、キッチン、お風呂は別々で、両親の家が汚れていると言います。「嫁の自分が片付けると両親のプライドが傷ついてしまうのでは」と心配していると言います。スタッフが片付けにいくと、玄関には新聞紙や雑誌、キッチンには大量の食品など、荷物があふれていました。ゴミを回収し掃除を行いました。

上尾市/書類探しとゴミ片付け
「重要書類が見つからず困っている、片付けをして部屋をキレイにしたい」とご兄弟から実家の片付け依頼がありました。さっそく、スタッフがご実家へ行くとひとり暮らしのお父様が出迎えてくれました。「保険証書や登記簿がないのだ」と言います。スタッフは、書類を探しながらの片付け作業になりました。結局、書類はタンスの中にあり、不用物を回収してお部屋を掃除しました。

上尾市/見積もりとゴミ片付け
「片付けサービスを利用したいので、見積もりをお願いします」と問い合わせがありました。数社から見積もりを取り、自分にあった業者を探していると言います。スタッフは、不用物の状況をお伺いし、料金を説明しました。部屋が散らかっていることを心配されてるお客様でしたが、「散らかっている状態でも大丈夫です」と伝えるとお客様にも信頼して頂き、数日後、ご依頼のお電話がありました。

上尾市/キャビネットのゴミ片付け
「事務所にある資料を捨ててほしい」という依頼がありました。スタッフが行くと、そこは個人経営の小さな事務所でした。お客様は、キャビネットの中にある重く、分厚いパンフレットを段ボール箱に詰めています。すぐに、スタッフも作業に入りました。大量の紙とキャビネット3個を捨てることになりました。

上尾市/マンションの管理会社からのゴミ片付け
マンションの管理会社から連絡がありました。「1階の庭が汚いと苦情が来ている、片付けてほしい」という依頼です。スタッフが到着すると、そこは庭付きの比較的きれいなお部屋でした。ところが、庭に出ると木が生い茂り、その木が隣の部屋まで伸びています。さらに、壊れた自転車や家庭ゴミまでもが大量に置かれていました。スタッフは、不用物を撤去し、その後掃除を行いました。

■人生を振り返るゴミ片付け 「結婚する前に実家を片付けたい」と女性からお電話がありました。結婚後は実家を出るため、不用物を引き取ってほしいと言います。女性の部屋は2階にあるため、スタッフが段ボールに入った不用物や家具を運び出すことになりました。女性は、片付けを通して親とじっくり向き合えて良かったと話してくれました。

■元居酒屋のゴミ片付け 居酒屋を営んでいたというご主人からの依頼です。「お店に残ったお鍋やお皿などを回収してほしい」と言います。スタッフがお店に行くと、ご主人はひとりで、つり戸棚からお皿を出したりゴミをまとめていたりと大忙しでした。スタッフが手伝い、荷物を運び出し、最後に掃除を行いました。

川越市/病気からのゴミ片付け
「病院でうつ病の改善に、片付けを進められた」という女性からお電話です。「心のバランスを崩し、片付けがおろそかになってしまった」と言います。スタッフが部屋に行くと、物があちらこちらに置いてあり、まとまりがありません。そこで先にお子様の荷物も捨てて収納スペースを作りました。仕上げに掃除をすると、散らかっていた部屋が快適な空間になりました。

川越市/ウォークインクローゼットのゴミ片付け
今回は、ウォークインクローゼットの片付けでした。スタッフがお客様のマンションに入ると、寝室の奥に、広々としたクローゼットがあります。ところが歩くスペースすらありません。上段には来客用の布団が下段には洋服や靴、さらに家電や掃除グッズも直置きされています。お客様と一緒に仕分けをしながら、不用物を捨てることになりました。

川越市/贈答品のゴミ片付け
ご主人が亡くなりひとり暮らしをしている奥様からの依頼です。「お中元やお歳暮、引き出物を捨てたい」というご相談です。スタッフが行くと、押入れに未開封の贈答品が大量に押し込まれていました。捨てるには、仕分けをしなければいけません。奥様とスタッフで、中身を確認しながらの作業が続きました。荷物は少ないものの、確認作業に時間がかかり、丸1日を費やしました。

川越市/ダイニングまわりのゴミ片付け
「お客様が来るので、急いで家の中をキレイにしたい」と奥様から電話がありました。翌日、スタッフが行くとリビングダイニングが特に散らかっており、くつろげるスペースがありません。テレビボードの上下にも荷物が積み上がっています。ご主人やお子様の洗濯物もそのままです。奥様の指示のもと、スタッフがゴミをどんどん捨て、お部屋をスピーディーに片付けました。

川越市/ 家具屋の粗大ゴミ片付け
お問い合わせがありました。昔、家具屋を営んでいたという男性で「お店に売れ残った家具が大量にある」と言います。「1日で一気に片付けたい」という要望もあり、まずは見積もりに行くことになりました。スタッフがお店に入ると、タンスやテーブルが無造作に置かれていました。料金や作業時間などを説明すると、お客様も納得され、数日後に家具を引き取ることになりました。

川越市/子ども服のゴミ片付け
小さなお子様が3人いるという主婦の方の依頼です。「着られない子ども服を捨てたい」と言います。スタッフがマンションに到着すると、そこはエレベーターのない4階でした。部屋に入ると、玄関や廊下にゴミ袋が置いてあります。中身は、「子ども服」「子どもの靴」「おもちゃ」などでした。今まで、運び出せなかった様子です。スタッフが30袋以上あるゴミ袋を運び出すと、玄関や廊下が広々としました。

川越市/百科事典のゴミ片付け
ご依頼主は、マンションにお住まいの40代の男性です。「古い百科事典を捨てたい」というご相談です。男性は、「百科事典は両親からのプレゼントで捨てられずにいた、しかし、結婚後子どもが生まれて置いておくスペースがない」と言います。スタッフは、重く分厚い百科事典を部屋から運び出しました。

川越市/マンションのゴミ片付け
「マンションの片付けをお願いしたい」と独身の男性から電話がありました。男性は、「ワンルームマンションを2つ所有しており、そのうちの古いマンションを売却しようとしている」と言います。さっそく、スタッフがそのマンションに行くと不用物の他にも新品の家電がありました。スタッフは不用物を捨て、必要な荷物はもう一方のマンションに運ぶことにしました。

鶴ヶ島市/玄関クローゼットのゴミ片付け
「ちょっとした荷物を置いているうち、クローゼットや押入れがゴミ箱のようになってしまった」とお電話がありました。お客様は一軒家にお住まいの男性でした。スタッフが部屋に入ると、玄関クローゼットに古いベビーカーや靴が置いてあり、百貨店の紙袋や包装紙なども押し込まれていました。クローゼットと押入れを中心に片付けを行いました。

鶴ヶ島市/空き家のゴミ片付け
今回は、空き家の片付けでした。息子さんご夫婦は「家を残したいと思い、庭の手入れだけをしていた」と言います。スタッフが行くと、ご夫婦は近所の方にご挨拶をしていました。空き家を放置すると、放火や泥棒など安全面に影響を与えます。そのことを考え、ご近所に謝っている様子でした。さっそく、スタッフはすでに空になったタンスや家電などを運び出しました。2トントラック2台分のゴミの量になりました。

鶴ヶ島市/増え続ける荷物とゴミ片付け
主婦の方からお電話がありました。「収納スペースがある分、かえって荷物を溜め込んでしまった」と言います。後日、スタッフが行くと「キッチンカウンターの下」「床下収納」「クローゼット」などあらゆる収納スペースに荷物が押し込まれ、無法地帯となっていました。スタッフが荷物を取り出し不用物を捨てました。

鶴ヶ島市/粗大ゴミがベランダに散乱
「大きなゴミの捨て方がわからずベランダにゴミをためている、どうにかしてほしい」と男性からお電話がありました。スタッフがなかなか開かないベランダの窓を開けると、そこに壊れたソファ、古いテレビ、寝具などが散乱していました。スタッフがすべて引き取り、ベランダが使えるようになりました。

鶴ヶ島市/大卒で無職、引きこもりから汚部屋
「就職活動がうまく行かず息子が引きこもり、ゴミをためている」というお母様からのご相談です。スタッフが駆けつけると、6畳の部屋からは異臭が漂い、膝の高さまでゴミが散乱しています。スタッフは、コンビニ弁当やペットボトルなどを素早く片付け、その後掃除をしました。息子さんは、キレイになった部屋を見て「気持ちが落ち着いてきた」と言っていました。

坂戸市のゴミ片付け
「婚約者が来るので、部屋をきれいにしたい」と女性からご相談がありました。スタッフが行くと、そこはワンルームのマンションでした。玄関から郵便物や不要なチラシがゴチャゴチャ置かれ、窓を遮るように大きなタンスや収納ケースがあります。まずは、タンスや収納ケースにある荷物をすべて出し、不用物を分けました。その後、キッチンや洗面所の荷物を捨て、掃除を行いました。

鶴ヶ島市/片付け作業の一部を依頼
「料金が気になるので、作業の一部をプロに任せたい」とご夫婦からご相談がありました。スタッフは、詳しい事情を聞きながら「料金は廃棄物の量によって異なります」と説明しました。すると「片付けは自分で行うので、廃棄物の運搬作業だけお願いしたい」と言われ、家財をまとめて回収することになりました。

鶴ヶ島市/想像以上に多い実家の荷物
「実家に帰ることになったが、荷物が多すぎて住めない」と男性からお電話を頂きました。実家は一戸建てで、高齢のご両親が住んでいると言います。さっそく、スタッフが向かうと納戸の奥、冷蔵庫の奥、タンスの上など手の届きにくいところに荷物があふれています。結局、2トントラック2台分の荷物を片付けることになりました。

坂戸市/増え続た家庭ゴミ
テレビや雑誌を見ていると「片付け」がブームとなっていますが、なかには片付けが苦手な方もいます。今回は、主婦の方からの依頼でした。「家庭ゴミを出せずに、庭にためてしまった」という内容です。スタッフが行くと、そこは3LDKの一軒家でした。室内はキレイでしたが、庭には生ゴミや燃えないゴミが山積みです。スタッフがすべての荷物を回収しました。

坂戸市/父と娘で暮すゴミ屋敷
娘さんからの依頼でした。「認知症気味の父親がゴミを拾って持ち帰り、ゴミがたまっている」と言います。スタッフが行くと、娘さんが出迎えてくれました。部屋には壊れたテレビが数台、カラーボックス、鏡などがただ雑然と置かれています。狭い物件でしたが、2トントラック1台分のゴミがありました。

坂戸市/思い通りに進まない片付け
「子どもが独立し部屋の片付けをしているが、なかなか終わらない」と専業主婦の方からお電話がありました。お客様は、大変几帳面な方でした。ひとつひとつ時間をかけ荷物を仕分し、それが終わると掃除して、それを繰り返している様子でした。スタッフが、先に荷物の仕分けをするように促すと片付けのスピードも早くなり、片付けと掃除が終わりました。

坂戸市/老後の住み替えと片付け
年金暮らしのご夫婦から片付けの依頼がありました。広い家を売り、子どもの住まい近くにある小さめの家へ住み替えるというお話でした。スタッフが到着すると、そこは庭付きの広い一軒家でした。お客様の指示通り、最低限の家財を残し、あとはまとめて片付けました。「今は、贅沢することより家でゆっくりしたり、旅行へ行くより孫と遊んだりするのが楽しい」とおっしゃっていました。

東松山市/納戸の片付け
「納戸の荷物を片付けたい」とご相談がありました。お客様はご高齢の女性で、2階にある納戸の荷物を運べないと言います。スタッフが行くと、納戸には収納ケースが積み上がり、未開封の段ボール箱がたくさんありました。使わないとわかっている荷物をどんどん運び出し、片付けを行いました。

坂戸市/ぜんそくを気にして、部屋の片付け
「子どものぜんそくがひどく、部屋を片付けてキレイにしたい」とお母様からお電話がありました。マンションに到着し、8畳の和室に入るとタンスや収納ケースがたくさんあります。さらに、窓の開閉ができない状態で、風通しが悪くホコリや湿気が気になります。スタッフは、お母様と相談しながら不用物とタンスを捨てることにしました。荷物整理や片付けは健康のためにも重要です。

東松山市/クローゼットの片付け
ご夫婦からの依頼でした。「クローゼットに荷物を詰め込み過ぎて、取り出すことすらできない」という相談です。さっそく、スタッフがマンショに向かいました。フローリングの部屋には大きなクローゼットがありました。しかし、上段に布団やカバンが押し込まれ、下段には壊れた家電もあり洋服もあふれていました。スタッフは、上段の荷物から取り出し、使うものと使わないものを分類し、ゴミを片付けました。

東松山市/お土産や民芸品の片付け
「旅行が趣味で、こけしや提灯などのコレクションがたまっている」と高齢の男性からお電話がありました。
スタッフが行くと、和室には段ボールが積み重なり、その中にたくさんのお土産や民芸品が入っていました。
「そのときは大切な物でも今となっては不要な物ばかりだ」とお客様が言います。ホコリが舞う中、スタッフが不用物をゴミ袋に詰めていきました。

東松山市/片付けで害虫から家を守る
暑さが厳しい夏の日、ご夫婦からの依頼でした。「庭にゴミをまとめて置いていたら、害虫が発生してしまった」と言います。すぐにスタッフが行くと、生ゴミからは小バエやゴキブリが発生しています。さらに、粗大ゴミには水たまりができ、蚊が発生しています。スタッフは、ゴミをトラックに運び出し、その後掃除を行いました。

富士見市/片付けで衝突するご夫婦
「妻に掃除するように言っても片付けが苦手で家が汚い」とご主人から相談を受けました。片付けようとするほど、妻と衝突してしまうとご主人が言います。そこで、スタッフが片付けに行きました。ゴミをわけ、掃除をしました。その後、ベッドが1つ、タンスが1つ、ゴミ袋が50枚分の荷物を回収しました。

富士見市/季節の品、ゴミ片付け
「ひな人形や鯉のぼりなども捨てることができますか」とご相談がありました。年に1回しか出さない物は、捨てるタイミングが難しく、箱から出さずにそのままになっているケースがよくあります。後日スタッフは荷物を引き取りに行くことにしました。ひな人形は7段飾りの立派な物でしたが、誰かに譲ることもできず片付けることになりました。

富士見市/掃除の手間を減らすためのゴミ片付け
ご主人と死別後、ひとり暮らしをする女性からの依頼です。「わずらわしい荷物を捨て、掃除する時間も短縮させたい」と言います。確かに、荷物や家具が多いと隙間にホコリがたまり掃除に時間を費やします。スタッフは、子どもが成人式で使ったという着物、新品のタオル、空き箱、紙袋を捨て、収納ケースやタンスも撤去しました。するとスッキリとした掃除のしやすい部屋になりました。

富士見市/キッチンのゴミ片付け
「食器を捨てて、キッチンを片付けたい」とご夫婦からお電話がありました。ご高齢の方が、脚立や踏み台を使って、物を取るのは危険です。そこで、ご夫婦と相談して食器棚の上段は空にすることにしました。食器、密閉容器、使わない調理器具、賞味期限切れの調味料などはすべて捨てることにしました。

富士見市/白カビ発生!押入れのゴミ片付け
「しばらく開けていない押入れを見たら、白カビがひどく荷物もあふれている」と女性からお電話をいただきました。数日後、スタッフがお客様の住む一軒家に行きました。押入れには靴が入っていた空箱、存在を忘れていた子どもの五月人形、古びたボックスティッシュなどが占領していました。押入れを空にして、荷物をまとめて回収しました。

ふじみ野市/リビングのゴミ片付け
「娘がリビング学習するので、荷物を整理したい」と主婦の方から依頼がありました。スタッフがお部屋に入ると、キッチンとダイニングがひと続きとなった広々とした空間です。しかし、壁にそって大きなスチールラックがあり、玩具、洋服、文具などが散乱していました。仕分け後、スタッフが大量の不用物を捨てました。すると、新しいスペースができ勉強のしやすい明るい部屋になりました。

ふじみ野市/古い家電のゴミ片付け
「実家にある古い家電を捨てて、新しい家電に変えたい」と息子さんからお電話がありました。後日、スタッフが行くことになりました。古い一戸建てに到着すると、二層式の洗濯機、大きな掃除機、足踏みミシンなどがあります。息子さんの指示のもと、スタッフが古い家電をトラックに運び出し回収しました。

ふじみ野市/排水が詰まる、バスルームのゴミ片付け
ワンルームマンションのバスルームの片付けでした。「ゴミがたまり、バスルームの排水が詰まり気味で困っている」と20代の女性が言います。すぐにスタッフが行くとバスルームの床一面に、空のシャンプーやリンスがあります。棚にはカビが生えたタオルが数枚、排水溝はヘドロのような物が詰まり汚れています。スタッフがゴミを取り除き掃除をして、排水の詰まりも改善しました。

ふじみ野市/ヘルパーさんからのゴミ片付け要請
「介護している男性のお部屋がゴミだらけで、自分では手に負えない」とご相談がありました。男性はベッドの上で生活をしていると言います。急いでスタッフが行くと、6畳の和室はコンビニ弁当やペットボトルがあふれ、衣類や日用雑貨も散乱しています。スタッフはヘルパーさん立ち会いのもと、5時間かけてゴミの片付けと掃除を行いました。

三芳町/収納スペースのゴミ片付け
「収納スペースにある荷物をすべて回収してほしい」と連絡がありました。スタッフが行くと、そこは一軒家で階段の下に収納スペースがあります。さっそく、すべての荷物が出し、仕分け作業からスタートしました。洋服や人形、客用布団、大量の靴などがギッシリです。結局、すべての荷物を撤去することになりました。

三芳町/お母様の部屋のゴミ片付け
兄弟からの依頼でした。「兄が実家に戻ることになり、部屋を空けるため片付けをお願いしたい」というお話です。スタッフは、2階にある六畳一間のお母様の部屋を片付けることになりました。家具や荷物を全部運び出し新しい家具を入れ、お兄様が住める状態にしました。

三芳町/商店街と粗大ゴミ片付け
「粗大ゴミを捨てるのに困っている」とお客様からご相談がありました。事情を聞くと「商店街に住んでいるため、車を横付けできる時間が限られている」と言います。スタッフが深夜や早朝の作業ができることを伝えると、お客様も安心され、後日荷物を引き取りに行くことになりました。

三芳町/部屋の明け渡すためのゴミの片付け
転勤族の男性からの依頼です。「この地域での仕事が終わり部屋を明け渡す予定だ、しかしゴミ出しのルールがわからずゴミを溜め込んでしまった」とお困りのご様子です。1ヶ月程度住んでいたというワンルームのマンションに行くと、燃えるゴミも燃えないゴミもすべてが一緒になり、部屋も汚れていました。スタッフは、ゴミを仕分け撤去した後、掃除をしました。

三芳町/ゴミ片付け後の引越し
「引越しするが、大量の荷物でどこから手を付けて良いのかわからない」というご夫婦からのご相談です。スタッフが「当社ではゴミの片付けと一緒に、引越し作業もできる」とお伝えするとご夫婦は安心され依頼が入りました。スケジュールを決め、1日目はゴミの片付け2日目は引越しという流れで作業を行いました。

三芳町/ルームシェアでのゴミ片付けと引越し
大学生からの電話です。「ルームシェアしているが、就職が決まり自分だけ引越しすることになった」という依頼です。スタッフがマンションに到着するとお客様は3LDKの部屋に3人暮らししている様子でした。スタッフは、お客様立ち会いのもと「不用物の撤去」「家具の移動」「引越し作業」まで、まとめて行いました。

戸田市のゴミ片付け
ゴミを回収してほしいが、2回にわけて作業してほしい」というご相談です。お客様は、親子で、「玄関の靴箱」「和室の押入れ」「洋室のクローゼット」を整理していると言います。しかし、思い出の品があり後悔しないようにゆっくり確認しながら作業したいというお話でした。スタッフはお客様のご要望通り、2回にわけてトラックでゴミを運び出しました。

戸田市/防災とゴミの片付け
「地震でタンスの上から荷物が落ちて怖い思いをした」と高齢の女性からご相談がありました。さっそくスタッフが出向き、防災を意識した片付けを始めました。女性は2DKの部屋にひとり暮らしです。まず、大きなタンスの上にある荷物を撤去しました。その後、転倒を防ぐために滑りやすいじゅうたんや廊下にある不用物を捨てることにしました。

戸田市/実家のゴミ片付け
「ひとり住まいの父のために、住みやすい部屋にしたい」という娘さんからの依頼です。お父様は、日中ダイニングキッチンで過ごしているため、他の部屋に荷物が溜まっていると言います。スタッフがお伺いし、1階の和室、2階の洋室、納戸を片付けることになりました。ゴミの撤去が終わると「荷物の出し入れが楽にできるようになった」と喜びの声を頂きました。

戸田市/DIY好きから廃材が溜まる!ゴミ片付け
自分の好きな家具や部屋を作るというDIY好きの女性からの依頼です。「部屋を模様替えしているが、廃材の片付けに困っている」と言います。スタッフがお伺いすると、一軒家の庭に1メートル以上のある木材や大量のペンキ缶が置いてありました。スタッフはすべてを運び出し撤去しました。

戸田市/大量のカーグッズとゴミ片付け
車が趣味という中年男性からの依頼です。「ガレージにある古いカーグッズを撤去してほしい」という内容でした。スタッフがガレージに向かうと、「大量のタイヤ」「ホイール」「バッテリー」「オイル缶」などがホコリをかぶって置いてありました。スタッフはそれらをトラックに運び出し、回収しました。

草加市/洋品店のゴミ片付け
洋品店の店長だったという女性からご連絡がありました。「閉店したお店に残った荷物があるが、それをすべて回収できないか」というご相談です。数日後、スタッフがお店に到着すると洋服以外にも「大きな鏡」「マネキン」「商品棚」などが置いてあります。スタッフ2名で運び出し、撤去しました。

草加市/移転前のゴミ片付けと引越し
「移転前のゴミの片付けをお願いしたい」とお電話がありました。事情を聞くと、現在の事務所から移転先の新しい事務所が近いということで、引越しまでお手伝いすることになりました。デスク、パソコンやプリンターなどを慎重に運び出し、不用物を撤去しました。2日間かけて、移転を完了させました。

草加市/引越し後のゴミ片付けと配置換え
引越しが済んだばかりという女性からの依頼です。「後片付けが終わらない、家具や家電の配置換えも手伝ってほしい」との内容です。スタッフが行くと段ボール箱が山積みになり、家具や家電は窓を塞ぐように不自然な位置にあります。スタッフは、数時間かけてゴミの片付けと配置換えを行いました。

草加市/駐車場のゴミ片付け
「ガラクタだらけの駐車場を片付けてほしい」という依頼がありました。スタッフがご自宅に行くと、1階が駐車場、2階からが生活スペースという構造の一戸建てでした。車が置いていない駐車場ですが、中身が把握できない段ボール箱が大量にあります。お客様と話し合い、スタッフは必要な物と不必要な物を分ける作業からスタートしました。3、4時間かけて片付けを終わらせました。

草加市/他社と比較したうえで、粗大ゴミの片付け
「粗大ゴミを出したいが費用が気になる」というご相談をいただきました。お客様は、他社様にも見積もりを出している様子です。スタッフは、粗大ゴミの量などを詳しくお伺いし「○○円から○○円くらいです」とお伝えしました。その後、当社を選んで頂き、「他社より安くて良かった」とお褒めの言葉を頂きました。

川口市/閉店に伴ゴミの片付け
リサイクルショップの店長さんからのご相談でした。「経営が上手くいかず閉店することになった、売れ残った家電を回収してほしい」とのご要望です。スタッフがお店へ向かうと、「テレビ」「電子レンジ」「炊飯器」「洗濯機」など大型な物から小型の物まで、さまざまな家電がありました。2トントラックを使い、すべての家電を運び出しました。

川口市/引越し整理でゴミ片付け
「ひとり暮らしの父が施設に入ることになった、引越し前の整理をお願いしたい」と遠方に住む息子さんから依頼がありました。さっそく、スタッフが向かうとそこは2階建ての木造一軒家でした。お父様は1階で過ごすことが多い様子で、2階は倉庫のような状態です。家具や家電など荷物をすべて回収し、仕上げに掃除を行いました。

川口市/二世帯住宅のゴミ片付け
「家族に全部捨てられる前に、自分で片付けた方が良いと友達に言われた」という高齢女性からの依頼です。スタッフが一軒家に到着すると、「1階がお客様」「2階は息子さん夫婦」の2世帯住宅でした。さっそく、1階を片付けることになりました。古い着物や寝具、新品のピクニックセットなど不用物を回収しました。広々とした部屋を見たお客様が「孫が走り回れるほどだ」と喜んでいました。

川口市/物置のゴミ丸ごと片付け
今回は、お庭にある物置の片付けでした。「外にある物置を片付けてほしい」と男性から連絡があり、さっそくスタッフがお伺いしました。2畳くらいのスペースがあり、そこに物置がありました。なかには、「本」「ゲーム機」「オーディオセット」「テレビ」などが入り、天井に届くほどです。スタッフが、少しずつ運び出し、すべてを片付けました。

川口市/ゴミ片付けと鉄道ファン
若い頃から鉄道が好きで鉄道模型や雑誌を集めていたという男性からの依頼です。友達に譲ったりリサイクルショップに売ったりしたものの、残ってしまった鉄道グッズを回収してほしいと言います。スタッフが行くと、鉄道模型が積み重なるように置いてあり、それを入れる収納ケースやラックもあります。すべてを運び出し、掃除まで行いました。

川口市/買い換えに伴う家電の片付け
30代の女性からのご相談でした。「ひとり暮らしが長くなり家電を買い換えたい。古い家電はまるごと回収してほしい」と言います。新しい家電は16時に来るということで、作業は午前中に行うことになりました。スタッフがテレビ、テレビ台、オーブン、空気清浄機などを運び出しました。女性から「まとめて回収してもらえて助かった」と喜びの声を頂きました。

川口市/急な人事異動とゴミ片付け
「息子にインターネットで調べてもらい電話をした」というお父様が今回の依頼主です。急な人事異動で引越しを控え、引越し作業とゴミの片付けで手を焼いていると言います。数日後、スタッフがお伺いすると男性が荷物をまとめていました。スタッフは、不用物をスピーディーに回収し、必要な物は新しい引越し先へ届けることにしました。

川口市/家庭ゴミの片付けと掃除
大手企業で働く女性からの依頼です。「仕事と子育ての両立が難しく、片付けをおろそかにしてしまった」と言います。スタッフが行くと3LDKの間取りで広々しているものの、置きっぱなしの衣類、子どものおもちゃ、古すぎる食材など、床一面に荷物がある状態です。スタッフ2名で不用物を運び出し、その後掃除をしました。2トントラック1台分のゴミの量でした。

川口市/美容院の改装とインテリアの片付け
美容院の店長さんから「改装することになった、新しいインテリアに入れ替えるため椅子や鏡など回収してほしい」とお電話がありました。スタッフが到着したのは、エレベーターのない2階にある美容室でした。さっそく、椅子や大きな鏡、観葉植物、絵など運び出しすべて回収しました。

和光市/模様替えと家財の片付け
「ボロボロになった壁紙や床を貼り替えることになった、そのついでに家の片付けをしたい」とご夫婦から相談を受けました。スタッフが行くと、そこはマンションの5階でした。壁紙を貼る予定のリビングには荷物がなく、他の部屋に大量の荷物が押し込まれていました。ご夫婦の指示を受けながら、タンスや家電など必要ない家財を運び出しました。

和光市/通販グッズの片付け
今回は、通販グッズの片付けでした。お電話は、遠方にお住まいの娘さんからです。「ひとり暮らしの母が通販でいろいろな商品を購入し、部屋の半分以上が荷物で大変だ」と言います。スタッフがマンションに行くと、未開封の通販グッズであふれています。スタッフは、お母様とコミュニケーションをはかり、仕分けした後、不要な物を運び出しました。

和光市/実家を継ぐ兄のためにゴミ片付け
「実家を継いでひとり暮らししている兄のために、少しでも部屋をきれいにしたい」と妹さんからご相談がありました。スタッフが玄関を開けると、「コンビニ弁当」「ペットボトル」「空き缶」などゴミが床を埋め尽くしていました。4LDKの庭付きの一戸建はゴミ屋敷状態です。スタッフが素早く片付けをし、最後に掃除をしました。

和光市/バリアフリーにするためのゴミ片付け
「介護保険を使い実家に手すりを付ける予定だが、荷物が多すぎるので片付けたい」と娘さんから依頼がありました。後日スタッフが行くと、ご高齢のご夫婦が出迎えてくれました。玄関からゴミ同然の荷物が散乱しています。さらに、ご夫婦は積み重なった箱を杖のようにつたって歩いていました。非常に危険なので、すぐに片付けを開始しました。

和光市/書類のゴミ片付け
男性からの依頼です。「段ボール箱15個分の書類を捨てたい」というご相談です。数日後、スタッフが行くと、納戸にホコリをかぶった段ボール箱がありました。スタッフが「中身が何ですか」と質問すると、「仕事関係の資料で会社員時代の思い出に保管しておいた」と言います。重要書類がないことを最終確認し、まとめて引き取ることになりました。 同じ本が何冊も!書籍のゴミ片付け 同じ本でも「新書」「単行本」「文庫」など大きさや出版社が異なる本があります。今回のお客様は、同じ本を何冊も持っている方でした。本好きの男性は、本を捨てられずに家が本だらけになってしまったと言います。床に散乱し、山積みになった本をスタッフが片付けることになりました。

和光市/ダイエットグッズのゴミ片付け
夕方、女性からお電話がありました。「ダイエットブームに乗って、食品や健康器具を買い込んでしまった」と言います。翌日、スタッフが行くことになりました。ワンルームのマンションでしたが、玄関からプロテインやシリアル、体重計や健康器具が数台あり部屋を占領していました。スタッフが、不用物をゴミ袋に詰め、すべてを片付けました。

和光市/引越し前にゴミ片付け
「子どもの結婚をきっかけに、自分たちも小さなマンションに引越す」とご夫婦から相談がありました。「子ども部屋を中心に片付けをしたい」と聞き、スタッフはすぐに行くことになりました。2階にある6畳の子ども部屋には、本棚、タンス、勉強机、ベッドがありました。スタッフは、すべての荷物を運び出し作業を完了させました。ご夫婦から「今度は違う部屋をお願いしたい」と新しいご依頼を頂きました。

朝霞市/福祉課からの要請でゴミ片付け
「認知症の疑いがある女性がいて、ご家族が片付け作業で困っている」と福祉課から連絡がありました。さっそく、スタッフがアパートに行くと、家庭ゴミ、新聞紙、チラシ、スーパーのビニール袋、洋服、小銭などが家の中に散乱していました。ご家族は「きれい好きの母だったのに」と悲しそうにしていました。スタッフは、ご家族のお気持ちに寄り添うように、できるだけ丁寧な対応で片付けと掃除をしました。

朝霞市/ゴミ片付け後の掃除
「退職をきっかけに片付けをしているが、終わりそうもない」とひとり暮らしの女性からお電話がありました。その女性は先生だったと言います。昔ながらの大きなワープロやパソコンが数台、ラジカセが数台、絵本やアルバムなどがありました。「まだ使える」そのような思いから捨てられなかったと言います。スタッフがゴミを片付け、その後掃除を行いました。新鮮な空気が通りキレイな部屋になりました。

朝霞市/ご夫婦のゴミ片付け
タンスや押入れの片付けの依頼で、スタッフが一軒家へ行きました。洋服ダンスにある妻の服を見て「どうせ、もう着ないのに」とご主人が言い、背広を見て「定年したのに」と奥様が言っていました。他人の物はどうでも良く見えても、自分の物はなかなか手放せないのが現実です。スタッフが一緒に片付けをするとスムーズに作業が進み、ご夫婦も笑顔になりました。

朝霞市/タワーマンションのゴミ片付け
ご高齢のご夫婦からの依頼です。「粗大ゴミを出したいが、25階に住んでいて大変だ」と言います。スタッフが行くと、その場所は都会の景色を一望できる3LDKのお部屋でした。高速エレベーターで、行き来できるものの、ご夫婦には不便な点も多い様子でした。スタッフは、古いソファーやテーブルなどの粗大ゴミを回収しました。

お客さま相談ダイヤル
年中無休・土日祝日受付
全店共通:03-5468-7021
営業店/埼玉・東京・千葉・神奈川・群馬
夜間専用:050-3134-4757
午後7時から深夜0時まで

DCYのゴミ片付けは、地域密着

ンライン見積り搭載の片付け専門店・DCY
・子供部屋のゴミ片付け・台所のゴミ片付けと清掃・リビングの整理とゴミ片付け・庭の枝きりと庭のゴミ片付け・使わない納戸・物置の整理とゴミ片付けならお任せください
DCYの営業店舗網
便利屋:DCY練馬本店
東京都練馬区練馬1-20-8 日建練馬ビル2F
練馬本店練馬区・中野区・杉並区・豊島区・北区
力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/坂元チームが在籍
便利屋DCY所沢店
所沢市和ヶ原1-184-8
所沢店:所沢市・入間市・川越市・飯能市・坂戸市・東松山市・鶴ヶ島市

 力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/戸田チームが在籍
DCY川口営業店
川口店:板橋区・足立区・越谷市・草加市・葛飾区
 埼玉県川口市本町4-3-14 小峰第一ビル5F
力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/石坂チームが在籍
便利屋DCY板橋店
世田谷店:世田谷区・横浜市・町田市・相模原市・川崎市
東京都板橋区南常盤台1-11-6
力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/坂元チームが在籍
DCY市川店
市川市押切21-8
市川店:市川市・船橋市・千葉市・松戸市・柏市

 力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/大野チームが在籍
DCY戸田店
戸田店営業エリア:戸田市・さいたま市・朝霞市・和光市
埼玉県戸田市本町4-4-6 
 
 
ホームページ作り方